本文へスキップ

一定の土留・擁壁、一定の規模の造成工事は許可が必要です

造成工事の申請・許可ZOUSEIKYOKA

造成工事の見積り書

宅地等を造成する場合、以下の事を考慮する必要があります。必要に応じて、届出をし、許可を得る必要があります。このほかにも、種々、規制や決まりがありますが、まずは、下記の条件に相当するかどうかが問われます。

1、切土又は盛土を行う土地の全部又は一部が規制区域内に含まれているかどうか?

2、宅地か宅地にする予定があるかどうか?

3、切土の場合で、その土地の部分に高さが2メートルを超える『崖』を生じるかどうか?

4、盛土の場合で、その土地の部分に高さが1メートルを超える『崖』を生じるかどうか?

5、切土と盛土を同時にする場合で、盛土をした土地の部分に高さが1メートル以下の『崖』を生じ、かつ、切土及び盛土をした土地の部分に、高さが2メートルを超える『崖』を生じるかどうか?

6、切土又は盛土をする土地の面積の合計が500平方メートルを超えるかどうか?

※ 上記以外にも、各行政機関や官公庁で、別途決まりを設けているものがあります。まずは、少し大きな変更を土地に加える場合は、市区町村、都道府県、警察や消防に打ち合わせをすることが、大切です。

造成工事の参考見積書ー 「造成工事の見積書」がご覧になれます。

造成工事の見積り・費用・価格・単価

自分で見積り ー 造成工事の積算用EXEL

造成工事の見積り・費用・価格・単価

その他の工事

解体工事へのリンク 外構エクステリア工事へのリンク 舗装工事へのリンク