本文へスキップ

土留工事(重量ブロック)の流れを写真でご紹介

重量ブロック土留工事の施工例

土留工事(重量ブロック)

土留め工事(重量ブロック)の着工前

土留工事(重量ブロック)の着工前

高さ約80cm、長さ約35mのコンクリートブロックのよる土留工事の流れです。構造図にあわせ、地業・ベース・コンクリートブロックを積む、許可が必要な土留工事の施工例です。


砕石基礎

砕石基礎

掘削および床拵えの後、砕石を入れ転圧、設計どうりの厚さの砕石基礎を作ります。


ベース基礎・ブロック根付け

ベース基礎・ブロック根付け

設計通りの鉄筋・コンクリートの巾・厚さをもって、ベース基礎を作り、ブロックを1段(空洞ブロック)、根付けさせます。


ブロック積工

ブロック積工

設計どおりに鉄筋を入れ、ブロックの継ぎ目のすべてにモルタルの充填を施し、根入れの1段を含め5段ブロックの施工となります。


土留め工事(重量ブロック)の完了

土留工事(重量ブロック)の完了

コンクリートの強度がでてから、敷地内の土および客土を使って盛土をし、高さ約80cm(1段根入れ)、長さ約35mのコンクリートブロックのよる土留工事の完了となります。

土留工事の詳細

宅地の土留め・擁壁工事の施工例 宅地の擁壁・土留工事の料金・費用 土留工事『自分で見積り』

駐車場のアスファルト舗装工事や区画線ライン工事および駐車番号などの販売は下記HPを御覧ください。

駐車場の白線ライン工事 駐車場のアスファルト舗装工事・区画線工事 駐車番号・文字「軽」「月極」・駐輪場マーク・自転車マーク