本文へスキップ

残土処分工事(分譲地)の流れを写真でご紹介

分譲地の残土処分工事の施工例

分譲地の残土処分工事の施工例

残土処分工事(分譲地)の着工前

残土処分工事(分譲地)の着工前

約490m2の造成地ですが、建築計画との高さに若干の違いがあり、基礎工事からも発生土が出るとの事で、約30cmの掘削・鋤取りをし、残土処分をすることとなりました。


掘削・鋤取り・残土処分

掘削・鋤取り・残土処分

約20cmから30cmを目安に掘削をし、掘削した土をダンプに積み込み、場外へ残土処分します。残土を処分しながらマイナス30cmになるように鋤取り、整地・転圧をします。


法面施工・残土処分

法面施工・残土処分

将来、駐車場になる部分も含め、位置指定道路からも残土が発生する予定なので、法を大きく切る場所を数か所設け、前述の発生土の一部が、場内処分できるようにします。


盛り土工事

盛土工事

途中、設計の係の方から、勾配の問題で、一番奥の隅の土地のみ元の高さマイナス20cmに戻すよう指示があり、前述の法から発生した土の一部を、奥に戻し、整地・転圧をすることになりました。


不陸整正

不陸整正

梅雨時がまじかに迫っているため、機械による整地・転圧でうまくいかなかった土の塊の脇など、大きく水が溜まりそうな場所は、手作業にて仕上げられます。


残土処分工事(分譲地)の完了

残土処分工事(分譲地)の完了

最後に排土板や定規などを使って整地をし、約490m2の造成地で、約30cmの掘削・鋤取りをし、残土処分をする工事の完了となります。

盛土工事の詳細

田・畑の盛土工事・残土処分の施工例 田・畑の盛り土・残土処分工事の料金・費用 盛土工事『自分で見積り』

駐車場のアスファルト舗装工事や区画線ライン工事および駐車番号などの販売は下記HPを御覧ください。

駐車場の白線ライン工事 駐車場のアスファルト舗装工事・区画線工事 駐車番号・文字「軽」「月極」・駐輪場マーク・自転車マーク