本文へスキップ

残土処分工事(建物解体工事)の流れを写真でご紹介

建物解体工事に伴う残土処分工事の施工例

建物解体工事に伴う残土処分工事の施工例

残土処分工事(建物解体)の着工前

残土処分工事(建物解体)の着工前

宅地全体で230m2、そのうち駐車場の計画部分が約80m2あり、庭石に処分後、道路高まで約60cmの掘削・鋤取り・残土処分工事の流れです。


掘削

掘削

駐車場部分の土を掘削しながら、庭石が混じっていれば、大きなものは取り除きます。


庭石の解体

庭石の解体

通常の大きさの庭石以外に、かなり大きな庭石があり、積み込みのため、ピックにて砕きます。


庭石の積み込み

庭石の積み込み

小さく砕かれた庭石がダンプに積み込まれ、石の引き取り業者まで運び出されます。


残土処分1

残土処分1

庭石が埋まっていた場所から掘削・残土搬出処分を行います。小さいものも含め、石が混じっている土と、そうでない土は分けて運び出さなければなりません。


残土処分2

残土処分2

石やコンクリートなどの混じっていない綺麗な残土を、バックホーにてダンプに積み込み運び出します。


残土処分工事(建物解体)の完了

残土処分工事(建物解体)の完了

バックホーのバケット・キャタで整地をして、宅地全体で230m2、そのうち駐車場の計画部分が約80m2あり、庭石に処分後、道路高まで約60cmの掘削・鋤取り・残土処分をする工事の完了です。

盛土工事の詳細

田・畑の盛土工事・残土処分の施工例 田・畑の盛り土・残土処分工事の料金・費用 盛土工事『自分で見積り』

駐車場のアスファルト舗装工事や区画線ライン工事および駐車番号などの販売は下記HPを御覧ください。

駐車場の白線ライン工事 駐車場のアスファルト舗装工事・区画線工事 駐車番号・文字「軽」「月極」・駐輪場マーク・自転車マーク